事業紹介

社会福祉法人インクルーシヴライフ協会では、以下の事業を提供しております。

  1. 生活介護事業
  2. 就労継続支援B型事業
  3. 居宅介護事業
  4. コミュニティソーシャルワーカー(CSW)配置事業
  5. 共同生活援助事業
  6. 訪問介護事業(介護保険)



生活介護

提供場所:和音堂(わおんどう)、いんくる


◆生活介護事業について
障害者支援施設その他の以下に掲げる便宜を適切に供与することができる施設において、入浴、排せつ及び食事等の介護、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他必要な援助を要する障害者であって、常時介護を要するものにつき、主として昼間において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の必要な日常生活上の支援、創作的活動又は生産活動の機会の提供その他の身体機能又は生活能力の向上のために必要な援助を行います。

就労継続支援B型

提供場所:和音堂(わおんどう)


◆就労継続支援B型事業について
通常の事業所に雇用されることが困難な障害者のうち、通常の事業所に雇用されていた障害者であって、その年齢、心身の状態その他の事情により、引き続き当該事業所に雇用されることが困難となった者、就労移行支援によっても通常の事業所に雇用されるに至らなかった者、その他の通常の事業所に雇用されることが困難な者につき、生産活動その他の活動の機会の提供、その他の就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練、その他の必要な支援を行います。

居宅介護

提供場所:ぶらぶ~ら らいふさぽーと

  1. 居宅介護
  2. 重度訪問介護
  3. 行動援護
  4. 同行援護
  5. 移動支援


◆居宅介護事業について
居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言、その他の生活全般にわたる援助を行います。

◆重度訪問介護事業について
重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする方に、居宅において、入浴、排せつ及び食事等の介護、調理、洗濯及び掃除等の家事並びに生活等に関する相談及び助言その他の生活全般にわたる援助並びに外出時における移動中の介護を総合的に行います。

◆行動援護事業について
障害者等が行動する際に生じ得る危険を回避するために必要な援護、外出時における移動中の介護、排せつ及び食事等の介護、その他行動する際に必要な援助を行います。

◆同行援護事業について
視覚障害により、移動に著しい困難を有する障害者等につき、外出時において、当該障害者等に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護、排せつ及び食事等の介護その他の当該障害者等が外出する際に必要な援助を適切かつ効果的に行います。

◆移動支援事業について
市町村の地域生活支援事業のサービスのひとつで、屋外での移動が困難な障がい者の方が対象のサービスです。余暇活動などの外出時における移動中の介護、排泄及び食事等の介護、その他移動に伴う必要な支援を行います。

コミュニティソーシャルワーカー

提供場所:いきいきネット相談支援センター(柏田・長瀬中学校区)


◆コミュニティソーシャルワーカー配置事業について
コミュニティソーシャルワーカー(CSW)は、援護を必要とする高齢者や障害者、子育て中の親などに対して、見守りや課題の発見、相談援助、必要なサービスや専門機関へのつなぎをするなど、要援護者の課題を解決するための支援をします。また、地域の福祉力を高めたり、セーフティネットの体制づくりをはじめ、地域福祉の計画的な推進を図るために関係機関・団体などに働きかけます。
東大阪市では、社会福祉協議会や社会福祉施設と連携し、2中学校区に1名の割合で計13名のCSWを配置しています。

共同生活援助

提供場所:グループホーム ワイルド他東大阪市内に6ヶ所(定員19名)

 共同生活援助(介護サービス包括型)

◆共同生活援助事業について
地域で共同生活を営むのに支障のない障害者につき、主として夜間において、共同生活を営むべき住居において相談その他の日常生活上の援助を行います。

グループホーム ワイルド
所在地:東大阪市西岩田
利用者4名/定員4名
グループホーム アン
所在地:東大阪市岩田町
利用者4名/定員4名
グループホーム ピア
所在地:東大阪市玉串町東
利用者3名/定員3名
グループホーム キャンディ
所在地:東大阪市玉串町東
利用者3名/定員3名
グループホーム すみれ
所在地:東大阪市玉串町東
利用者2名/定員2名
グループホーム 歩(あゆみ)
所在地:東大阪市新池島町
利用者3名/定員3名

訪問介護

提供場所:ハレルヤ訪問介護サービス

  1. 訪問介護
  2. 介護予防訪問介護
  3. 訪問型介護予防サービス
  4. 訪問型生活援助サービス


◆訪問介護について
支援の対象は、要介護1~5と認定された人が対象となります。
ホームヘルパーがご自宅を訪問して、自立した日常生活を送れるように支援するサービスです。入浴・排泄・食事などの介護、調理・洗濯・掃除などの家事、生活などに関する相談・助言、その他必要な日常生活を行います。

◆介護予防訪問介護について
支援の対象は、要支援1・2の認定者及び事業対象者です。
利用者が自力では困難な行為について、同居の家族の支援や地域の支えあい・支援サービスなどが受けられない場合には、ホームヘルパーによるサービスが受けられます。
要介護状態になることをできる限り防ぐ(発生を予防する)、あるいは状態がそれ以上悪化しないようにすることを目的としています。

◆訪問型介護予防サービスについて
支援の対象は、要支援1・2の認定者及び事業対象者です。
ホームヘルパーがご自宅を訪問し、身体介護を含む日常生活上の支援を行います。

◆訪問型生活援助サービスについて
利用者の自立した生活を援助するために、事業者(市が実施する介護の研修の受講者等)が自宅を訪問し、利用者と一緒に掃除や洗濯などを行います。